AD/HD 発達障害 子供の特徴 忘れ物が多い 字を丁寧に書かない 注意をしても聞けない 兄弟で 一人だけ親の言うことが聞けない

ADHD 児童の特徴

AD/HD,子供,特徴

落ち着いて座っていられない子ども、道路で飛び出し ヒヤヒヤさせられる、ADHD 児。 
ADHDと診断された 大人も子供も うっかりミスが多く 事故に遭う確率は、普通の3倍
落ち着きがない育てにくい子どもを改善
事故には、自転車 バイク 自動車 など物的な事故と 認知 決定 判断 操作など 人間のミスによっておこる場合と道路構造、環境構造物、視界・景観・天候などが原因で起こりますが、ADHD の 場合 意識的に 親が、言い聞かせ続けることで、子どもも 危険を察知して行動するようになります。

 

 

 

ADHD児童 家庭での様子

 

宿題をするにも 1つ1つ声をかけないと 出来ない
声をかけても スイッチが入らない限り 自分のやりたいことを優先させ
「あとで」「わかった」「もうすぐするよ」・・「うるさい」・・そう言いながら
結局は、宿題を始めようとしない・・

 

兄弟の中でも 一人だけ 親の言うことを聞こうとしない
家の中でも 居場所がないため 常に険悪なムードを作ってしまう・・

ADHD児童 学校での様子

 

忘れ物が多い
字を丁寧に書かない
整理整頓ができない
同じ注意を何回もされる
注意された先から 失敗をしてしまう
ウケを狙った発言で 教室は 盛り上がるものの 授業の流れを止める

 

↓↓↓

 

結果的に 周囲からは、以下のような子供と思われています。

 

できるときもあるのに持続しないのは 怠けているから
親(先生)に逆らう行動をする
努力していない

 

先生や 親が、目を付けると ADHDの児童の行動 全てが
親や 先生にとって良くない子供に映ります。
そして 表向きの態度は、ADHDの子供に 伝わり さらに反抗的になることがあります。

 

↓↓↓

 

最近 学校で 先生が 体罰をすることは無くなりましたが
うちの子は、保育園の時 友達と ケンカをし
ひも で 縛られたことが ありました。

 

子供は、何も 言わなかったのですが、子供の様子を見ていることは、
辛かったし あの時 ADHDについて もっと知っていれば
精神的苦痛を 親子共に 味合わずに 済んだのではないか?と思います。

 

通常 子供たちは ほめられて 励まされながら 育っていきますが
ADHDの子供は 周囲からのサポートが 必要です。

 


ADHDの診断基準

ADHDの診断基準は、症状があるか無いか?
項目が当てはまるか 否かという点です。

 

加えて知能指数(IQ)の 指数が気になりますが
IQの低い 高いの基準は、
標準的な子供を100としています。

 

IQ85から1Q115の間に 全体の3分の2の子供が入り
115以上のIQを持った子供が 全体の6分の1
IQ70以下が精神遅滞の 境界(ボーダーライン)です。

 

IQ100であっても 落ち着きの無さが 著しく目立つときに
ADHDと診断されるのです。
ですから IQ130であっても ADHDは、あり得る話で
知能指数が高いのに 学力レベルが高いのに 行動が 極めて
未熟といった問題になって あらわれます。

 

ですから 小学校入学前に 当てはまる症状がある場合と
小学校入学後 忘れ物や 落し物が 多くなったり
先生の指示する内容が わからないと言った問題が みつかることもあります。

 

低学年のうちは、通常の子供たちも 落ち着きの無い面があるものの
小学校 高学年になったり 中学生 高校生になってから
ADHDの診断を受けることも あるのです。

 

これに対し ADHDの知識を持たない人が
「親がノンキで気付かなかった」と言っていましたが
そうでは ありません。
IQが高く 学力が高ければ 多少 手のかかる子供であっても
どこの親も 普通の子として 育てているに 過ぎないのです。

 

また 学校でも 家庭でも 問題行動が 見られたとしても
親と学校 両方の場所で 困った状態や問題行動が無い場合には
ADHDの診断をしないからです。

 

ADHDの定義としては、2か所で 症状が 存在すること
7歳未満で 多動性 衝動性 不注意の症状があった・・
うつ病でもない 精神遅滞でも無い
広汎生発達障害でも無い 精神分裂症でも無い
精神病障害でも無い 精神疾患(気分障害 不安障害 解離性障害 人格障害)
では 無い状態が ADHDです。

 

ADHDの子供 に 学習能力は無いのか?

AD/HD,子供,特徴

ADHDの子供を育てていて よく 思ったのは、
うちの子 どうして 同じ失敗ばかりするのかしら?ということ。
ご飯を食べてて 水を こぼす 汁物を こばす・・
そんなのは日常的・・だけど同じ 失敗を繰り返します。

 

 

お風呂に入れば 着替える そんな当たり前のことすら
言い続けなければ やろうとしません。
顔を洗って歯を磨くことすらら 誰かが そばにして
次は 顔を洗って 歯を磨くんだよ・・と 言わないと やろうとしないのです。

 

また 日々の反射的な 行動は、過去に 失敗したから
という 予測は、ほとんど立てず 反応が 早いため
すぐに行動している方が 多いようです。

 

反射的に行動しているため 過去から 学習しないというより
未来を予測する間もなく 行動している状態なのです。

 

 


反抗挑戦性障害

反抗挑戦性障害(Oppositional Defiant Disorder:ODD)とは
以下の状態が 6ヶ月以上 持続する 拒絶的 反抗的 挑戦的な行動です。

 

  1. しばしばかんしゃくを起こす
  2. しばしば大人と口論をする。
  3. しばしば大人の要求,または規則に従うことに積極的に抵抗または拒否する。
  4. しばしば故意に他人をいらだたせる。
  5. しばしば自分失敗,不作法を他人のせいにする。
  6. しばしば神経過敏または他人によって容易にいらだつ。
  7. しばしば怒り,腹を立てる
  8. しばしば意地悪で執念深い

 

大人に対して 口論をしたり攻撃的な行動に出て、当の本人は
「自分を取り巻く 環境や 周りが 悪いせいだ」と考えています。
周囲から手を差し伸べても 反抗するので 援助する方も
困難をきわめます。

 

両親が 不仲だったり 反社会的人格障害だったり
薬物乱用など精神医学的に 問題がある場合も多いようです。
また 親に問題が無い場合
子供の問題行動を止めさせよう 諭そうとしても さらに反発するので
手に負えなくなってしまいます。

 

 

 

ADHD 重症度 軽度

AD/HD,子供,特徴

ADHDには、合併症を持ち 自分や周囲を危険にさらす子供がいますが ADHDの子供でも入院が必要な場合 重度。薬物療法で 改善したり 薬物に頼らず 育て方 接し方で改善する子は 軽度

 

落ち着きがない育てにくい子どもを改善

 

まれに トゥレット障害(チック)→筋肉が勝手に動いたり
目をパチパチさせる のどを鳴らす 奇声を上げる といった症状が
見られる場合 心理的な負担を軽減させ 学校でのようすを伺っておくと良いですね。

 

 

 


発達障害 参考に・・