大人 AD/HD 注意欠陥/多動性障害

大人 の ADHD 注意欠陥 多動症障害

大人になってから 発達障害と診断されるケースが増えています。集中しなければいけないのに 外部の刺激によって 集中力を保ち続けられない。衝動的に行動を起こしてしまう。

 

説明を しっかり 聞く前に 先走って 物事をはじめてしまい 重大なミスをしてしまう。物事を手順通りに行うのが苦手 三日坊主で 物事を 完遂できない 仕事上のミス 人間関係や コミュニケーションを とりにくい 会社で浮いてしまい陰口や悪口のターゲットになります。

 

人間関係の悪化を理由に会社を辞めさせらたり 自ら 会社を辞め 自宅に 引きこもる人もいます。社会の理解が無いと 社会からも 阻害される 大人 の ADHD 注意欠陥 多動症障害 。

 

 >>>発達障害 ADHD アスぺを改善<<<

 

アスペルガー傾向の強い人。ADHD障害でも 多動の傾向が 強い人、衝動性が強い人 不注意の傾向が強い人、個人差がありますが 周囲や家族の 理解を得られず 療育を受けないまま 成長してしまった場合 二次障害が おきやすく 他に パニック障害、強迫性障害、社会不安障害 チック(トゥレット症候群  トゥレット障害)などを 併発するケースも多いようです。

 

 トゥーレット障害 トゥレット症候群とは? まばたき 肩ゆらし 鼻ならし 咳払い・・

 

大人のADHD の 特徴

 

ADHD の 子育て本は、数多く 出版されていますが 大人 成人 の ADD ADHD に 関する書籍は、
少ないようです。子供が ADHD と 診断された 場合 父親 母親 の どちらか(あるいは 両方)が
注意力が無かったり 集中できない 整理整頓が苦手 という方が多く 親子で発達障害も珍しい
ことでは、ありません。

 

のび太・ジャイアン症候群5 家族のADHD・大人のADHD お母さんセラピー

 

 

子供用 セルフチェックと 大人 成人用の セルフチェックをしてみましょう。
成人のADHD セルフチェック

 

成人のADHD には 以下のような 特徴が上げられます。
司馬理英子著の「のび太・ジャイアン症候群 などに 詳細が記載されています。
私自身は、ADHDの検査は したことがありませんが、特徴は、当てはまる部分が 多いようです。

 

 

整理整頓が苦手なのは、血液型のせいだと思っていましたが そうでも無いようですね。(笑)

 

>>>発達障害 ADHD アスぺを改善<<<

  • 遅刻 が 多い
  • 優先順位を決められない
  • 鉛筆 文房具など 仕事で使うものを失くす
  • おしゃべりが 過ぎる
  • 席に座っているのが苦手
  • 忙しそうな人の ジャマをしてしまい怒られる
  • 周囲が 騒がしいと まったく 仕事が できない 手につかない
  • 会話中、相手の話を聞いていない と 言われる
  • 座っている時、手足を頻繁に動かさないと 落ち着かない
  • 人から指示されるのが苦手。
  • ドアや引き出しなど閉め忘れる
  • 苦手なことに取り組むのことに 労力を要し
  • 自分をいつも奮い立たせないと物事が出来ない。
  • 大事なものを 失くす
  • 食べ物や 飲み物を こぼす
  • 話し や 話し合いで解決できず 手が出てしまう
  • 最後まで やり遂げられない
  • 電話帳の整理 住所録の整理が むずかしい
  • 本を 最後まで読めない
  • 何かに 取り組んでいても テレビや 音楽など 興味のそそられるものに没頭する
  • 事故にあいやすく 救急車に乗った経験も何度かある(普通の人の3倍)。
  • 気が付くと いつも 自分の荷物で 散らかっている
  • 机の上の整理整頓が できない
  • 提出期限を守らない 提出物を忘れる。出すのが遅れる。
  • 酒をよく飲む。
  • ヘビースモーカー。
  • 仕事中毒と言われる。 どもる。
  • 仕事が続かない 
  • 暴力的
  • とてもおしゃべりである。
  • 人の話しを聞くのが苦手で、自分のことばかり話す。
  • みんなに比べて、自分が回りの人から理解されにくいと考えている。
  • 浮き上がっていると感じる。 対人関係に自信がない。
  • 自尊心が低い、自信がない。劣等感が強い。
  • 人から言われたことですぐ傷つく、冷たくされたと感じる。 ストレスに弱い。
  • いつもイライラし、怒りっぽい。 ゆっくり落ち着いた気分になれない。
  • かんしゃく持ち。
  • 何かが上手くいったあと、落ち込む事がある。 気分が移り変わりやすい。
  • ヒステリーの傾向。 いつも人の目が気になって、落ち着けない。
  • 何かしたくなると、我慢出来ない。
  • 素直になれず、つい思ってもいないことや反対のことを言ってしまう。
  • 無計画でいき当たりばったり。
  • パチンコ、マージャン、競馬などのギャンブルに依存しやすい
  • うそをつく、盗む。 言葉遣いや行動が乱暴。
  • クレジットカードの限度額を超えて買い物をすることが多い。
  • 計画的に家計を考えない。
  • 自己破産。
  • 家庭外で恋愛をしている。
  • 離婚歴がある。
  • 自殺企画(10%)。
  • 家族にアル中やうつ病、そううつ病、薬物中毒の人がいる。
  • 高校を中退(留年)

 

子供に 「自分に 点数を 付けるとしたら 何点?」と聞いてみたところ
0点」という答えが 帰ってきました。
ADHD 児は、周囲から 叱責されることも多く
自己評価が、低いのです・・。
能力が 劣っているわけでは無いし さぼっているわけでは無い・・

 

扱いにくく 困った子供 というのは、先生や親が 困っている以上に
自分自身が、一番困っている・・子供の心に 寄り添い
なんとか自己肯定 自尊心を 高めてあげたいと 痛感しました。

 


大人 の ADHD 学校編

子供 が、ADHD と 診断された時、周囲の人は、
「あなたの子供時代は、どうだったの?」と聞いてきました。
私自身、診断は、受けていませんが、思い当たることが t多々 ありました。

 

小学校 の 通知表(通信簿)には、兄も 私も
「落ち着きが無い」と書かれており 私は、兄を見ながら
自分は、もう少し気をつけないと!と子供ながらに 感じていました。

 

当時は、ADHD という言葉も 無く 周囲から、
忘れ物の多い子」「チョロチョロしている」「怪我が多い」というレッテルは、はられていました。

 

兄は、幼少時代から 「落ち着きが無く、集中力に欠ける子」で 勉強は、平均して 平均以下、LDの傾向だったと思います。そして 普通学級に 在籍していましたが「劣等生」でした。

 

私自身の小学校時代は、国語も算数も社会も理科も
体育 音楽 全ての教科が、平均以上、
ただ 中学に行くと 数学が 理解できなくなり
10段階で、10、9の中 数学だけ 2 (笑) でした。
高校時代も、10、9の中、数学だけ 赤点で 得意なものは 得意 苦手なものは 苦手な 通知表でした。

 

親は、多忙を極め 私たち子供を 放置してたし、今と 違って 全て 平均に!と 押しつけられること無く
伸び伸び 過ごせたので、良かったと思います。

 

人間 得意分野 苦手分野が、あって普通です。苦手分野を認めつつ、得意分野を 伸ばしていく!!
ADHDの子供には、自尊心が 底上げが 大切です。得意分野で その特性を生かした 仕事も 見つかるはずです。

発達障害の「困った」を 解決したい

 


大人のADHD 就職 仕事編

大人の ADHD は治るの?というご質問を 頂きましたが
ADHD 多動症障害は、脳の機能による 障害なので
一生 治ることは、ありません。

 

子供と違って 大人は、経験値が 増えて行くので
多動傾向が 目立たなくなり 意識で 改善されていきます。

 

ちなみに、兄は、中学から ○○○園芸専門学校に進学
その後 自営で 農家を 営み 20年以上・・
当然、仕事は、続いており 良い 野菜を 作り表彰を 受けるほど。

 

私自身も 卒業後 就職 結婚する前の 10年間 は、転職はしてないし
出産後 始めた仕事も カレコレ 4年・・
ADHDだから 仕事が 続かない 続けられない・・というより
最初に、仕事を 選ぶとき、吟味されると 良いと思います。

 

就職前に アルバイトをして 自分の適職を探るのも
有効ですよね?私のアルバイト編。↓↓

 

▼郵便局のアルバイト、規則正しく 同じ場所で ハガキを入れる作業・・これは楽しかった
▼土産物屋のアルバイト、計算が むずかしい
(算数が苦手なので)お釣りが 計算できない・・包装が できない
▼弁当 仕出しのアルバイト、これは、面白かった、動き回るので 退屈じゃない
▼そば屋のアルバイト、「いらっしゃいませ〜」と言えない(気が小さい)

 

じっと していられない 計算でパニックに陥ることから
事務は、除外、自分に合った仕事は、必ず 見つかります。

 

AD/HD,診断,チェック,大人,注意欠陥,多動性障害

 

注意欠陥障害や 多動症障害は、誰もが 思いつかない 
アイデアや ヒラメキも 多く 普通の人以上に 大輪の花を咲かせます。
障害を隠して 就職しようとか、マイナスなことばかり 考えずに いきたいですね。


発達障害 参考に・・