IQ 診断 WISC−III知能検査

ウェクスラーサード 知能検査 結果

ウェクスラー(ウィスクラー)ウィスクサード WISC-III(ウィスク・スリー)
ウィスク・サード とも 表記や 読み方は、異なりますが同じテストです。
発達支援センター(発達相談室)で受けました。

 

WISC-V知能検査結果 検査結果を 実際に 受けてみましたが、時間や説明などで 数時間を要しました。息子も疲れて ぐったりしていました。発達相談室の先生によると 家庭や学校で 療育を続けていけば、苦手分野は、改善していき 得意分野を 伸ばしていけると 心強い言葉を頂きました。

 

発達障害の「困った」を 解決したい

 


全検査の IQは、115 
言語性 IQ 126
動作性 IQ 92

 

群指数 言語理解 127→言語理解(VC)が弱い子供への学習支援
知覚統合 98→知覚統合(PO)が弱い子どもへの学習支援
注意喚起 118→注意喚起(FD)が弱い子供の対処法 支援方法
処理速度 80 処理速度(PS)が弱い子供への 支援 方法
(平均を 100とした 80なので 平均以下)

 

ウェクスラーサード 知能検査 結果
(クリックで拡大)
>>>発達障害 ADHD アスぺを改善<<<

 

日本文化科学社には、検査用の用具のほか 検査法の書籍(¥6,300)が
出版されており 別売り記録用紙(20名分,¥7,875)には
ワークブックが付いています。

 

臨床心理士が行う検査ですが、支援教育の担任が、検査を行うこともあります。
検査する方が 不慣れだと、テスト中の子供の様子を「観察」に
目が行き届かないこともあるため 検査をしたり 分析をする場合 
十分な 慣れと練習が必要です。

 

言語性とは?動作性 とは?

IQは、高いほど知能が高いことを、低いほど知能が低いことをあらわし
中央値は100、平均点を取る方のIQが100に設定されており
100以上なら 平均より IQが高く 100以下なら平均より劣っていると考えられます。

 

  • 最高値は160程度
  • 最低値は40程度
  • 50〜70は軽度知的障害
  • 35〜50は中度知的障害
  • 20〜35は重度知的障害

 

我が子の場合も 全体的な IQは、高かったのですが、
得意な部分と 苦手な部分の差が、とても 大きく
臨床心理士の先生も「このように差がある結果は、見たこと無い」と
仰っておられました。
平均すれば、+ (プラス)−(マイナス)ゼロと思いたいですよね?。
例えば 道順を覚える場合 地図では無く 
言語能力や 言語的な記憶の成績が高いなら
言葉で 道順を理解させる・・と言った方法が良いですね。

 

 

処理する能力が 時間内に正確に回答できるか どうかの検査なので 1秒 遅れただけで 点数が 低くなります。しかし 情報や 知識が どれだけ あっても それらの知識を 情報過多な現代社会で しっかり 生かせるか どうか?で真に賢い情報 賢い知識といえます。IQが 高くても IQが低くても 1つの物差しで 測定しているにすぎないので 一喜一憂する必要は ありませんが、親も 先生も「思い込み」で子どもを 評価してはいけません。その子の持つ 得意な部分 苦手な部分を 理解するようにしましょう。

 

 

 

発達障害 入門書

 


WISC-V知能テスト 検査結果

  1. 絵画完成・・17
  2. 知識・・13
  3. 符号・・21
  4. 類似・・18
  5. 絵画配列・・18
  6. 算数・・16
  7. 積木模様・・39
  8. 単語・・22
  9. 組合せ・・25
  10. 理解・・18
  11. 記号探し・・15
  12. 数唱・・15
  13. 迷路・・17

AD/HD,IQ,診断,WISC−III,知能検査,ウェクスラー,ウィスクラー
(クリックで拡大)
>>>発達障害 ADHD アスぺを改善<<<

 

検査を受けると 子供の全てが 分かる というより
子供を正しく理解し 子供に適した支援 指導方法を 探るのが 目的となります。
検査は1年半以上空けて行うのが理想で 正しい 療育や
子供の調子によっては、結果が 飛躍的に向上することが あります。

 

落ち着きがない育てにくい子どもを改善

 

  • WPPSI(3歳10ヶ月〜7歳1ヶ月)
  • WISC-R(6歳〜16歳11ヶ月)
  • WISC-V(6歳〜16歳11ヶ月)
  • WAIS-R(16歳〜74歳)
  • WAIS-V(16歳〜89歳)

WISCー3アセスメント事例集

WISCー3アセスメント事例集
WISC3アセスメントジレイシュウ リロントジッサイは、
知能検査とアセスメント;WISC‐3検査結果を解釈するための本です。

 

発達支援センターなどで 知能検査を行っても 臨床心理士による
適切な解説が もらえない場合 役立つ専門書です。
知能テスト IQテストを受けて 結果を 詳しく知りたい方や
WISC‐3プロフィール分析 方法が掲載されています。

 

実際には、臨床心理士が 知的な遅れを持つ子どものプロフィールや
レポートの書き方などが網羅された 書籍。

 

学校で支援教育を担当している先生や
教室に 発達障害の子供が在籍しているクラスの担任
保護者が、子供の 苦手な部分を把握し 
療育に生かしていくためのヒントが掲載されている本です。

 

AD/HD,IQ,診断,WISC−III,知能検査,ウェクスラー,ウィスクラー
WISCー3アセスメント事例集
特別支援教育のヒントが満載 支援の仕方や 教師への働きかけにも
役立つ本です。

WISC-V 知能検査 結果から 支援 指導方法を探る

AD/HD,IQ,診断,WISC−III,知能検査,ウェクスラー,ウィスクラー

 

言語理解(VC)が 弱い子どもの学習支援

詳細・・言語理解(VC)が弱い子供への学習支援

  • 言葉を理解するのが苦手
  • 言葉で表現するのが苦手
  • 言葉を使って考えることが苦手

 

  • 指示の理解が難しい
  • ある言葉を間違った意味で使うことがある
  • 文坊的には 不正解な言い方をする
  • 音読はできても 内容を理解していないことがある
  • 作文を書くと内容が 乏しい
  • 文章題を説くのが 難しい
  • 時間の概念をあらわす言葉の理解が難しい

        ↓↓↓↓

  • 言葉 指示は 優しい言葉で ゆっくりはっきり伝える
  • 一度で理解できないときは、指示を繰り返す
  • 集団指示を理解出来ないときは、個別に言う
  • 絵や図 文字やモデルを示して 伝える
  • 実際の生活や 場面を結び付ける
  • 文章の内容を絵で示す
  • 作文を書くとき 写真や資料を手掛かりに与える
  • 文章題は、キーワード(合わせて)(残りは)(全部で)に注目させる
  • 文章題の内容を絵や図で示す

 

AD/HD,IQ,診断,WISC−III,知能検査,ウェクスラー,ウィスクラー

知覚統合(PO)の弱い子供の支援方法

詳細・・知覚統合(PO)が弱い子どもへの学習支援

 

  • 目で見たことを 理解するのが苦手
  • 動作で表現することが苦手
  • 物事を空間的 総合的に処理するのが苦手

 

  • 聞いた内容を頭の中で まとめることが 難しい
  • 話している内容が まとまりにくい
  • 文章を要約することが 難しい
  • 量を比較することが難しい
  • 形を弁別し構成するのが 難しい
  • 図形や見取り図 展開図 を描くことが難しい
  • 表やグラフにするのが 難しい

        ↓↓↓↓

 

  • 言葉で説明する
  • ひとつひとつ順をおって 説明する
  • 部分から全体へ説明する
  • 頭の中で操作させるのでは無く 具体物を用いる
  • 図形の特徴などを 言葉で定義づける
  • モデルを提示するときは、言葉を添えて説明する
  • 位置や場所を上下左右 順序 方向 目印を言語化して確認させる

 

注意喚起(FD)が弱い子どもの 学習支援

詳細・・注意喚起(FD)が弱い子供の対処法 支援方法

 

  • 言葉や数を数えるのが苦手
  • 数の操作が苦手
  • 注意や集中 持続が困難

 

  • 聞き間違いがある
  • 聞いたことを すぐに忘れる
  • ちょっとした雑音でも 注意がそれやすい
  • 促音・・そくおん(つまる音)「っ」、「ッ」のように小さく書かれる文字
  • 拗音・・(ようおん)きゃ・きゅ・きょ vs. か・く・こ などを書き誤る
  • 書けない平仮名や片仮名がある 
  • 簡単な計算 暗算が出来ない
  • 九九が暗算できない

        ↓↓↓↓

 

  • 注意の集中を 促してから 話しかける
  • 一度で理解できていないときには指示を繰り返す
  • 絵や図 文字 モデルを補助的に用いる
  • 紙を使って計算させる
  • メモを活用する
  • 言語指示 説明は 簡潔にする
  • 集団指示を理解できないときは 個別に言う
  • 覚える事柄を意味づけして 覚えやすくする
  • 九九を覚えられないときは 九九表を使っても 良いことにする

 

処理速度(PS)が 弱い子どもの学習支援

詳細・・処理速度(PS)が弱い子供への 支援 方法

 

  • 目で見たことを すぐ覚えるのが困難
  • 形を正確に とらえることが苦手
  • 物事を素早く処理するのが 苦手(目と手の対応の力)

 

  • 書くのが 遅い
  • 書くときの姿勢や 鉛筆 消しゴムの使い方が ぎこちない
  • 音読が遅い
  • 形態的に似た漢字を読み誤る
  • +-×÷などの理解が難しい
  • 計算が遅い

        ↓↓↓↓

 

  • 言葉で説明する
  • 課題に費やす時間を十分にとる
  • 文章を分かち書きにして示す
  • 写すべき見本となるべく 子どもの近いところに置く
  • 図形の特徴を 言葉で定義づける
  • 覚える事柄を意味づけして 覚えやすくする
  • 使いやすい筆記容疑(鉛筆 消しゴム)を用意する
  • 視写する量を減らす(ワークシートの利用)

 


発達障害 参考に・・